本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

今週開催中の展覧会は85才の超ベテラン作家、上野憲男さん。 センスが良くて洗練され詩を含んだ美しい抽象作品を見つめながら 私は心の中で「こんなに素敵な作品の展覧会を開催できるって何て 幸せなんだろう・・」とジーンとするのでした。 今回のテーマはノスタルジア。イメージはやや感傷的な遠い過去やふるさとでした。 お客様がいらっしゃらない画廊の束の間の時間に私は隣に座り、 ミニインタビューをしました。ノートとペンを用意して。 お聞きして私のノスタルジアのイメージが狭義だったことを感じました。 先生のお話 「ノスタルジーは人間すべての人が原郷への憧れを持っている。 同時に寂しさでもある。その人の持っている原点、魂の原点とも言える。 多少センチメンタル性はあるが、乾いた普遍的なもの。 すべての人が持つ憧れー壮大なことも含む・・」とおっしゃいます。 聞きながら、私は宇宙の根源も含めて想像を膨らませました。 それを言うとそうです、この地球に水があり空気があり、それで人間が誕生したのですからね、と。 そんなお話をしていると次のお客様がドアを開け入っていらっしゃいました。 束の間の私のミニインタビューは先生の哲学でした。お聞きして良かったと思いました。 そのあと絵をまた見つめると何かが違うようなー。 私のイメージもぐんと広がり、深い宇宙にまで想いを馳せたのでした。


本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

上野憲男展3日目です。 88才とおっしゃる可愛い(失礼かもしれませんが、本当に少女のようで声も可愛らしい) 女性が来廊されました。時々画廊へいらっしゃる方で、アートがお好きで銀座の画廊を 時々回られているらしい。 もう20年以上前に上野先生の作品を購入し、今も飾り気に入っていること、 先生が京都で個展された時も、それを見るだけに友人と行かれたことなどを お話しされました。上野先生が喜ばれたのは言うまでもありません。 今回の作品の中で気に入られた作品があり、その前で佇んでおられるので これいいですよね〜?と話しかけると、「これ好きだわ。私が生まれた北海道の北見みたい」。その作品は絵ではなく、数は少ないのですが木製のオブジェなのです。 25センチくらいの流木のような板の上に木の白い家がチョコンと立ち、その周りに 鉄の柵のようなものが打ち付けてあります。それは町の一部のようでもあります。 お客様はそれを見て、故郷の雰囲気があるーとおっしゃるのです。 おすすめすると、「もう年だから何年生きられるかわからないしねー」 私「いえいえ、本当にお若いし、失礼ですが可愛くて10才以上、お若く見えます。 それにこの先ではなく、今日気に入られたら今日から毎日楽しめばいいのではありませんか?」と私。 上野先生もいいと感じる感性が素敵なことで、そういう出会いもそんなにあることではないし、とお話しされたことも響かれたのでしょうか。作品をご予約されました。 最後に「以前に買った上野先生の作品の隣に飾ったらとても合いそうなの」と笑顔でおっしゃいました。 私は少し言いすぎたかなと思ったのですが、その表情を拝見し本当に嬉しかったです。


本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

昨日は元都知事、猪瀬直樹さんと蜷川有紀さんの婚約パーティーがBInkamura で開かれ、ご招待され伺って参りました。 蜷川さんはギャラリーゴトウの3月の「夢みる日」展で作品を3点、ご出品くださり そのご縁です。会場はメディアでお見かけした方々や、知人友人の方々が500人も 集まっていて華やいでいました。 幸せ溢れるお二人はお互いをリスペクトしていて、気持ちの良い大人のカップルで 爽やかな感じさえします。豊かな毎日ですーと有紀さんが語られていましたが、 若さの情熱とは違う大人婚とでも言うのでしょうか、そんなことを思いました。 有紀さんの描く女性と薔薇は紅辰砂(べにしんしゃ)という卑弥呼が好んだとされる 赤の顔料が使われていて、情熱的な凛とした美しい女性像と薔薇に魅了される方が多いようです。私もこの赤の色は好きです。 画廊クローズの前に出かけたパーティーでしたがお祝いできて嬉しい日でした。 おめでとうございます。末長くお幸せに!!


本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

昨年11月にギャラリーゴトウの最年少の作家 團上祐志さんの展覧会を開催しました。 21才、美大在学中の学生です。 ある方に紹介されたのですが、作品の良さを感じながら開催を迷っていましたが 出向いて作品を見るうちに開催を決めたのです。 彼は志の強さでは負けません。家族に美術の道を反対され、 高校を中退し、美大へ行くため働き、お金を貯め美大へ進んだのです 彼の展覧会を開催するにあたり、私は彼の年令をあまり言いませんでした。 ともすると「学生の展覧会」と切られかねないからです。 その時のFacebookには「作品に年令は関係ありません。作品の力を感じてください。」と書きました。そして開催した展覧会は、とても反響がありました。 その中の一枚、ゴールドの抽象画を銀座の老舗、?月堂の社長が見て気に入られ、 リニューアルする?月堂に飾られることになりました。 そしてこの5月、?月堂に晴れて飾られ、本日ギャラリーゴトウ主催、團上祐志さんを囲みお茶会を開催しました。彼に絵について語っていただきました。 画家になる志を決めた中学生の頃の話やニューヨークの展覧会の話など 参加者の質問も交え、興味深くみなさん聞いていらっしゃいました。 彼は語れる人。でも今までは作家は作品を語れなくてはだめだという価値観だったが、 今は「作品は語れるものではないーという東洋思想のようなものになりつつある。」というのが主流になってきているとか! 彼は今、22才。美大4年生です。今年はニューヨークの個展も決まっています。 ギャラリーゴトウでも来年2回の展覧会が決まっています。 可能性に満ち満ちた彼に8名の参加者の熱い視線が向けられました。



本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

「恋におちるように」 画廊には絵が好きで見にいらっしゃる方、 友人知人が展覧会を開いているからといらっしゃる方がいらっしゃいます。 時々、気に入った絵に出会い、買って飾ってみようか、飾るのだとしたらを どの部屋、どの壁、にしようかと考え始める方がおり、ご相談にのります。 そんな時もふと、お客様がよくおっしゃるのは 「今日は絵を買おうと思って来たわけではないんだけどー」という言葉です。 そうなんです! 私も同じです!と答えます。 好きな絵を自宅に何点か飾っている私ですが、今まで「今日は絵を買いに行こう」と 思い、展覧会へ行ったことは一度もありません。 何故なら、予期せぬ事のように「出会ってしまう」のです!! こう書いていたら、まるで恋におちるみたいだなぁと思い笑ってしまいましたが。 絵を見て、感動していいなあと何度もその絵の前に佇み、 この絵を自宅に飾ったらどんな感じか、どこが合うのか、予算に合うかなどなど いろいろな思いがよぎりはじめるのです。 あっ、やっぱり恋でしょうか。

本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

「素晴らしい時間」

展覧会開催中のギャラリーでコンサートをもう20数回開催しています。 展覧会初日、金曜日の夜、野坂徹夫さんの絵に囲まれ、古楽器リュートの名手、 つのだたかしさんのコンサートが行われました。タイトルは「静かな音楽」。 古楽器は長い歴史の中で消えかけた楽器だとか。ギターにとってかわったようですが リュートの繊細であたたかく、何というか遥かな音とでも言うのでしょうか、 ギターとまた違う音色に深く魅了されたので、生き残ってくれて本当に良かったと思いました。 このコンサートは画家の野坂さんのリクエストによります。 お話があった時に野坂徹夫さんの詩的で優しい水彩画とつのだたかしさんのリュートは とても合うなあと直感的に思いました。 プログラムの中程で、野坂さんが「あなたに」という自作の詩をつのださんのリュートの調べと 共に朗読をされました。昨年亡くなられた奥様への愛の詩に 涙ぐまれた方々もいらっしゃいました。リュートが詩の朗読に優しく寄り添うようでした。


本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

今日は日本料理大全の書籍を出版されているシュハリ・エグゼクティブという会社の清田社長が来廊された。和食はユネスコの無形文化遺産にも登録され、世界の注目であり、英語版も出されていらっしゃる。 私は数ヶ月前から文楽をお誘いを受け、とても感動し、つい先日も2回目の文楽公演に 伺い、そこでご紹介された方だ。美しい芸術書のような日本料理大全をくださった。 立派な画集のようだが全ての説明があり、実用書でもある。恐縮してしまう。 清田さんは私の夢を聞いてくださり、素晴らしいアドバイスをしてくださった。 その夢はもう少し叶いかけたらDiaryに書きたいと思う。


本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

今週は野坂徹夫新作展を開催しています。野坂さんは長い間、静かで叙情をたたえた 美しい水彩画を描いていらっしゃいます。 20年の画廊の歴史の中で、ほぼ20年間、2年に一度のペースでゴトウで展覧会を 開催してきました。いつも奥様の順子さんが秘書のように連絡をくださいました。 そんな野坂さんをいつも支えていらした順子さんが亡くなられたのは1年前も6月でした。 看病に専念したいと延期になっていた展覧会が今回の展覧会です。 制作途中の2月ごろ、画廊の20周年の時に以下のようなメールをいただきました。 「後藤さん、これからも良い絵を広めてください。 アトリエにいると絵の中に順子が浮かび、つらい想いと作画の喜びが重なる日々、 5月、よい個展になるようお祈りください。」 野坂さん、周りの方々、そして私の祈りが通じて、素晴らしい展覧会になりました。 初日、リュート奏者のつのだたかしさんのギャラリーコンサートが開かれ、 そこでリュートの演奏とともに野坂さん自作の詩の朗読がありました。 「あなたに」という詩は順子さんへの詩です。 最後の一節をご紹介します。

・・・あの日から一年
ときはまた
すぎていきます。
この地上のどこかにかくれているあなたと
あなたのかみさまをさがしながら
のこされたいのちを
いきてゆきます。


本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

今日は野坂徹夫展の最終日でした。野坂徹夫さんは透明感のある、美しい水彩画を 描く作家さんです。絵の中には清らかな精神性も感じられます。 今回は新境地と自らおっしゃるように、従来のようにマスキングテープなどを使わず、 フリーハンドで描いています。新しいこの表現も大変好評でした。 展覧会終了まであと20分という時です。 Aさんという中年の女性が来廊されました。お名前を聞き、前日にご主人が画廊にいらして ある作品を大変気に入られ、お写真を撮り、妻に相談すると帰られたその方の 奥様だとすぐにわかりました。 さて、その作品をご覧いなり、いかがですか?と問うと 「いいけど、私はこちらの作品が好き」とおっしゃり、ご主人の作品はそれほど気に入られて いないご様子でした。私は内心、残念に思いましたが、夫婦で趣味が違うことの方が 多いし・・と思い、自然に任せておりました。 もうお帰りかと思って振り返ると、ご主人が気に入られた作品の前に佇んでおられます。 そして「この作品、よく見ると良いわね。プレゼントしてあげようかな。」と 独り言のように呟やかれ、私の方を見て、「これをいただきます。」とおっしゃるではないですか!この展開に私も驚きましたが、夫婦愛のようなものを感じましたし、 お二人ともアートがお好きなんだなとあ思うと共にご主人の喜ぶ顔が浮かびました。



本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

私は画廊でずっとアートのある生活、人生を勧めてきました。 そしてアートのある暮らしを勧めるいくつかの理由の一つに ビジネスに関する事があります。 今やグローバル社会で海外のクライアントとの話題で アートの話題ができないと間が持てない、ついていけないという話を よく聞くようになりました。最近、そういうことから 西洋美術史 という本がベストセラーになっているそうです。 副題には「世界のビジネスエリートが身につける教養」とあります。 知らないと恥ずかしい、ディナーの2時間が持ちません・・という声を 新聞が載せていました。 それが美術館鑑賞にも結び付くと考えられますが、その先に今度は 自分で絵を選んでそれを自分の家に飾って楽しむようになっていったら どんなに素晴らしいだろうと思います。それこそ私が願ってきたことです。 やっと、私が願っていたことが一歩近づいた気もしています。 まだまだかもしれませんが、20年前よりずっと絵を買うことが 自然になってきているような印象です。 今日は画家で女優の蜷川有紀さんと打ち合わせがあり、銀座6のカフェで会いました。 打ち合わせ中にこの話題になったとき、 婚約者である元知事の猪瀬直樹さんのオリンピック招致の時のことを引き合いに出し 誘致には日本の文化芸術をご自身の著書から引用したり、その素晴らしい歴史やしきたりを 説いたと話されました。これもアートへの造詣があり、成功に導かれたことなのでしょう。 やはり文化芸術への造詣は必要なことだと深く納得したのでした。


本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

日本を代表する抽象作家のお一人、早川重章さんの展覧会が 11日から開催されるので、今日はその搬入がありました。 早川先生はこの10年間、1年半に1回くらいのペースで展覧会を開催してきました。 アートの全ての要素が詰まっているように感じる作品です。 緊張感、バランス、ユニークなモチーフ、力強さなど、そして私が一番個人的に魅かれるのは 甘きに流されない叙情でしょうか。ともすると詩的な気分に流されがちな抽象ですが それはそれで良い作品もありますが、早川先生のそんな凛とした所が好きです。 搬入にはこれまた素敵な作品を制作されているパートナーの前川佳子さんも ご一緒にいらっしゃいました。 90代の素敵な素敵なカップルです。



本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

1日雨降り。本格的な梅雨の季節になりました。 風水の専門家、谷口令さんと銀座 風月堂でランチをし、 お茶をしながら、打ち合わせをしました。谷口さんはその道、40年のベテランです。 ご紹介の作家さんのことで話し合う。とても有意義でした。 どう進行するかわからないけれど、会っての意見交換はとても大切と実感しました。 余談でお聞きしたお話もとても良かったです。 要約すると「良いことや人が喜ぶことをすると、天が良いことを自分にくださる。」 ということです。



本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

明日から始まる展覧会「6月の会展U」の搬入がありました。 6月の会のpart1は5年続いた素晴らしい4人のアーティストの展覧会でした。 さて今回からメンバーの松田さんを除いて初参加の作家さん3名を含む4名の グループ展のスタートになります。 浅見哲一、伊藤彰規、松田環、森本秀樹という実力派であり 追求をし続けている、素晴らしい4人の作家さんです。 ギャラリーゴトウでは伊藤さんと森本さんが継続して個展を開催しています。 飾り終えた画廊には清々しい風が吹いているように気持ちが良い空間になりました。 作品の力はすごいです。 森本秀樹さんが画廊を見渡し呟いた言葉。 「これはいらした方が楽しめるね〜!」



本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

6月の会展という4人の実力ある作家の展覧会を開催しています。 まるで4つの小さな個展があるような充実感のある展示です。 4名の作家さんは実力ある作家と一緒の展示をするにあたり、ライバル意識ではないけれど より良いものをと考えて出品してくださったことを、端々の言葉から感じました。
今日いらしたお客様、Nさんは「画廊のドアを開けて入った瞬間から圧倒されました。 後藤さんのギャラリーは危険! !」と少し困り、でも嬉しそうにおっしゃいます。 何が危険!?とお聞きすると、「好きな絵、欲しい絵に出会うから。」とのこと。 素敵な絵が飾ってある率が高く、欲しくなるという誉め言葉でもありました。 その日、Nさんはこの絵の全てが好みーという作品に出会います。

ブルー、月、猫

この3つがその絵にはありました。 それはこれからNさんのお部屋に飾られます。


本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

今年の半分が終わろうとしている。 仲良しの友人と今年の前半、嬉しかったことをお互いに言い合う約束をした。 少女趣味みたいだけれど例えば区切り年末など会うと1年を振り返り報告し合う友人だ。 私はメモに10の良いことを思いつくまま書いてみる。 昔読んだ少女パレアナの本を思い出す。喜び遊び 称して、日々の小さなことにも 幸せを見出そうという遊びを。今思うととてもポジティブで慎ましやかだと思う。 私が一番にあげたのは、2月に迎えたギャラリーの20周年記念展のこと。 今年の前半の最大の私の行事だ。そのために半年前からたくさんの準備をした。 そしてそのオープニングパーティーには大勢の方々をご招待したが、私は直前まで インフルエンザだった。とても心配で苦しかった。でもギリギリに快復し、パーティーでは 病み上がりだったが誰にも言わなかった。 無事に終わり、展覧会も好評で本当に良かったとしみじみ思う。




本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

今週は名実ともに日本を代表する版画家・美術家である 靉嘔(Ay-O、アイオー) & 野田哲也2人展を開催している。 お二人ともこの20年間に何度も登場していただいている。 野田哲也氏はギャラリーゴトウのオープニングの作家でもあり、 それ以降、毎年のように個展をしていただいている素晴らしい作家だ。 たくさんの受賞歴、世界中の美術館の所蔵、2014年の大英博物館の日本館での 半年に渡る個展・・と書くとまさに巨匠というイメージだが 本当に気さくで控えめ、自然体の方だ。 「もっと威張ってもいいのに・・」とは芸大教授だった頃の個展中に 学生が呟いた言葉。作品はそのお人柄そのままに奥ゆかしく、押し付けがましくなく 気品が漂う。 私は野田哲也氏の展覧会を開催してきた画廊の歴史を心から有り難いと思う。 最初、画廊を立ち上げた時、右も左もわからない私に、神様からの プレゼントのようにオープニングの作家は野田哲也さんと決まったあの頃を 束の間、思い出してしまった。

本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

97才の「巨匠」、野見山暁治さんの個展の初日でした。 野見山暁治さんといえば、若き頃には当時、美術の登竜門とされていた、 安井賞を受賞。また、近年では文化勲章を受章されました。 文字通り、現代日本の美術を牽引されている方です。また著書も多く、 パリの留学時代を綴ったも通りたくさんの出会った人々の事などは 大変面白く読みました。率直で、気負いなく、おおらかな飄々とした人柄が伝わります。 思えばギャラリーゴトウでは2011年に5人展にご出品いただいたのが 最初で、その後、記念展などに何度かご出品いただきました。 いつか個展を開催することが私の夢でした。出会いから7年後、 2018年7月、この夢は叶います。なんと光栄なことでしょう。 画廊の20周年のこの年にご褒美でしょうか。 願えば叶うーそう思えてなりません。


、学徒出陣で絵を残し散った、若き芸



本日もギャラリーは晴れのち曇りのち晴れ

藤崎孝敏展を開催しています。 フランス在住 約40年 孤高とも言える作家の重厚で本格的な油彩画の展覧会です。 ギャラリーゴトウで展覧会を幾度かされた作家の蝦子真理央さんが オープニングにひょっこり顔を出され、一枚の絵の前に佇んでいます。 ノルマンディーの海を描いた作品です。 話しかけると「僕は先日、ここへ行ってきたんですよ。 僕もこの風景を描いたけれど、藤崎さんと全然違う・・」と 感慨深げでした。 蝦子さんの画風はスピード感、その場の空気の空気感が際立つ絵 藤崎さんのこの絵と蝦子さんが描かれたノルマンディーの海の絵を 並べて、お二人の感性を味わってみたいな〜と贅沢な想像に浸りました。